クッシュボールイメージ画像

ポジティブ思考の確立と、
企業・グループの活性化のために!

クッシュボールやストレスボールが使用される場面

アイスブレイククッシュボールやストレスボールは、次のような場面でよく使われています。

会議、セミナー、研修、朝礼、ミーティング、合宿、会社、学校、塾、幼稚園(保育園)、武道場など、人が集まる場面でクッシュボールがよく使われています。

特にクッシュボールがよく使われているのは、フォトリーディング(R)、ジーニアスコード(R)、マインドマップ(R)などのセミナーです。

これらは経営コンサルタントである神田昌典氏の事業の一つで、神田氏がグッド&ニューに注目し、いち早く自社に取り入れ、その効果の素晴らしさを知っているからだと思います。

少し余談になりますが、私は仕事の気分転換として、クッシュボールを3個使って、ジャグリングをしています。

最初は上手にできませんでしたが、今では結構上手にできるようになりました。

このように、クッシュボールをお手玉代わりに使っていただいて、気分転換を図るのも、クッシュボールの良い使い方の一つではないかと思います。

当サイトをご覧のあなたも、「私はこんな場面で使ってます」「私はこう使ってます」というご意見がございましたら、お気軽にお寄せいただければと思います。

お知らせいただいた内容は、当サイト等でご紹介させていただく場合がございますので、お名前を伏せたい場合はハンドルネームの記載もお願いします。


「マインドマップ(R)」及び「Mindmap(R)」は、英国Buzan Organisation Ltd.の登録商標です。

「PhotoReading(R)」及び「フォトリーディング(R)」、「Genious Code(R)及び「ジーニアス・コード(R)」は米国ラーニング・ストラテジーズ社の登録商標です。

このページの先頭へ